​インドネシア・オリンピックについて

10 Sep

#作文2
オリンピックといえば、沢山のスポーツを行う。世界中の選手が集まあり、色々な試合に出場する。サッカーや野球やアーチェリーなどがある。

最初のオリンピックは、1896年のギリシャのアテナで行われた。その時43の競技があり、41国から241人の選手が出場した。

初めてインドネシアがオリンピックに参加したのは、1952年であった。その時フィンランドで行われた。

インドネシアの選手は、とても頑張ったがメダルが取れなかった。初めてメダルが取れたのは、1988年のソウルオリンピックであった。アーチェリーで銀メダルを獲得した。それから1992年のオリンピックから今まで最も多く取れたメダルはバドミントンの試合からであった。

インドネシアでは、オリンピックに関する話を話す時、やはりバドミントンの話になると思う。なぜかというとインドネシアでは、バドミントンは人気がる上に国際試合で強いだから。

1992年のオリンピックでアランブディ・クスマさんという選手とスシ・スサンティさんという選手はバドミントンのシングルスでそれぞれ金メダルを獲得した。その二人は1992年以来今までインドネシアで人気がある。

その時からずっとバドミントンの試合で金メダルが取れたけど2012年のロンドンのオリンピックでメダルが取れなかった。残念だった。でも今年のリオのオリンピックでは混合ダブルスの試合で金メダルがまた取れた。

混合ダブルスのバドミントンの選手はリリアナ・ナトシールさんとタントウィ・アフマドさんという選手である。リリアナ・ナトシールさんはブテツと呼ばれており、タントウィ・アフマドさんはオウィと呼ばれている。

オウィさんとブテツさんは決勝の時マレーシアの選手と戦った。一生懸命試合をし、インドネシアの選手が勝った。結果は、21-14と21-12であった。

閉会式後、インドネシアに戻り、お祝いがあった。ジャカルタでお祝い後、二人はクドゥスという町へ行った。なぜ二人はクドゥスへ行ったか?その二人はクドゥスのジャルムのバドミントンクラブの選手だから。

私はクドゥスから来た人として、その二人の優勝を嬉しく思う。ニュースで見てわたしの出身地だったの誇らしく思った。

クドゥスには人気がるものは、食べ物や観光地などだけでなく世界で活躍するバドミントンの選手もいる。

それからアジアで一番素晴らしいバドミントンのスタジアムもある。そのスタジアムは家から近い。もしバイクに乗れば15分ぐらいで行ける。

今月の一日にクドゥスで二人の優勝のお祝いのためにパレードを行った場所は、デマックという町からクドゥスのバドミントンのスタジアムかけて凄い人で賑わった。

オウィさんとブテツさん、おめでとうございます!!!

大阪市、2016年9月10日

ウキ

Iklan

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: